検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

10462A 3ステートTTL/CMOSデータ・ポッド(10474Aリード・セットを使用)

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

データ・ポッド構成

  • ロジック・レベル・サポート: 3ステートTTL/CMOS
  • 推奨リード・セット: Keysight 10474A
  • 8出力チャネルごとに最低1つのデータ・ポッドをご注文ください
  • 1ポッドに対して8チャネル・リード・セットが1つ必要(ポッドを直接接続するための専用ヘッダをターゲットに組み込めばリード・セットは不要)

特長

  • 最高クロック: 100 MHz
  • スキュー: 代表値4 ns未満、ワースト・ケース値 = 12 ns
  • 3ステート・イネーブル: 負論理、グランドに対して100 kΩ、無接続時にイネーブル
  • 出力タイプ: 74ACT11244、100 Ω直列。10H125、非3ステート・チャネル7

概要

Keysight 1670Gシリーズ・パターン・ジェネレータ(オプション004)には、1台につき1個のクロック・ポッドと最大4個のデータ・ポッドが必要です。1個のデータ・ポッドには8個の出力チャネルがあります。

この8チャネル・データ・ポッド1個+10474Aリード・セット1個を1セットとして、1~4セットをご購入ください。

1670Gシリーズ・ロジック・アナライザの製品資料もご参照ください。

特長

  • 出力タイプ(注2): 74ACT11244、100 Ω直列、非3ステートのチャネル7は10H125
  • 3ステート・イネーブル: 負論理、グランドに対して100 kΩ、無接続でイネーブル
  • 最高クロック: 100 MHz
  • スキュー(注1): 代表値<4 ns、最悪値 = 12 ns
  • 推奨リード・セット: Keysight 10474A
  • 注1: ポッド・コネクタでグランドに対して約10 pF/50 kΩの負荷で実行した代表的なスキュー測定。スキューの最悪値は回路の最悪条件からの計算値。
  • 注2: 3ステート・ポッドのチャネル7は、非3ステート信号として並列に引き出されています。この出力を3ステート・イネーブル・ラインにループバックすることにより、このチャネルを3ステート・イネーブルとして使用できます。