検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

MIMO、製造、BBIQテスト用の802.11axソリューション

802.11axは次世代の無線LAN規格です。屋内と屋外の環境の両方で、特に設置シナリオが高密度の場合に優れたユーザーエクスペリエンスを実現するために、効率、容量、カバレージの大幅な強化が約束されています。802.11axは802.11acをベースに構築された高効率(HE)無線LANとしても知られています。しかし、802.11acとは異なり、2.4 GHzバンドと5 GHzバンドの両方で動作し、効率が向上するOFDMA、アップリンク/ダウンリンクの両方で大容量を実現する8x8 MU-MIMO、容量/効率/ユーザーエクスペリエンスが向上するアップリンクスケジュールなどの高度なテクノロジー機能ブロックが採用されています。802.11axは802.11acの4倍も大きいFFTサイズを使用していて、サブキャリアは4倍以上です。サブキャリア間隔は78.125 kHzで、802.11acの312.5 kHzの25 %に相当します。1024QAM変調などの別のテクノロジーが、スループットの向上のために使用されています。

サブキャリア間隔の縮小と1024QAM変調を実現するには、802.11axデバイスのみならずその性能を検証する測定器にも、高い位相雑音性能とEVM性能が必要になります。ダウンリンク/アップリンクのOFDMAおよびMU-MIMOの検証には、多様なパケットタイプの作成と解析が必要です。キーサイトの802.11axソリューションは、信号作成/解析を行うことができるMIMOテスト用のモジュラーハードウェアと包括的なSignal Studioおよび変調解析ソフトウェアで構成されています。Propsimチャネルエミュレーターでは、さまざまなマルチ・パスフェージング・シナリオや移動シナリオでアクセスポイント/クライアントの性能をテストできます。プロトコル/ネットワーク性能テスト向けに、イクシア社のIxVeriWaveプラットフォーム が、物理層からアプリケーション層まで包括的なアクセスポイント/ネットワークテストを提供しています。

  • 802.11ax MIMOテストソリューション 802.11ax MIMOテストソリューション 

    802.11ax MIMOテストソリューション

    • 最大8x8 MIMOテストによるデザイン検証が可能
    • 厳格なEVMテスト要件への対応
    • 802.11ax無線LAN信号作成/解析ソフトウェアを提供

  • 802.11axアナログベースバンドIQテストソリューション 802.11axアナログベースバンドIQテストソリューション 

    802.11axアナログベースバンドIQテストソリューション

    • システムによって統合されたRF/アナログベースバンド入出力により、RFICテストを実行可能
    • デバイスの特性評価に適切な優れたEVM性能
    • 802.11ax無線LAN信号作成/解析ソフトウェアを提供

  • 802.11ax製造テストソリューション 802.11ax製造テストソリューション 

    802.11ax製造テストソリューション

    • 最大8チャネルまでのマルチデバイスまたはMIMOのテストに対応
    • 必要に応じてEXMまたはVXTの性能を選択可能
    • 製造テスト用のソフトウェアを提供