検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

スマート高調波ミキサ

Keysightスマート・ミキサを使用すれば、N9030A PXAシグナル・アナライザの動作周波数を最大110 GHzまで拡大して、ミリ波アプリケーションに対応することができます。

このスマート・ミキサは簡単なUSBプラグ・アンド・プレイ接続を採用しているため、変換損失データのダウンロードや局部発振器の経路損失の自動補正など、接続されている特定のミキサに合わせてPXAが自動的に設定されます。このため、テストのセットアップを非常に効率的に行うことができます。Keysight N9030X PXAシグナル・アナライザと組み合わせて使用すれば、高性能機能の内蔵による性能の向上により、スタートアップ作業全体を短縮できます。

従来の測定手法から抜け出して、高調波ミキシングで性能を高めてください。

ご確認ください:Keysight N9030A PXAシグナル・アナライザ

  • M1970E 導波管高調波ミキサ(スマート・ミキサ)、60~90 GHz M1970E 導波管高調波ミキサ(スマート・ミキサ)、60~90 GHz 

    M1970E 導波管高調波ミキサ(スマート・ミキサ)、60~90 GHz

    • Keysight M1970E 60~90 GHz導波管高調波ミキサはプリセレクタなしのミキサで、N9030A PXA/N9010A EXAシグナル・アナライザの動作周波数レンジを90 GHzまで拡大します。

  • M1970V 導波管高調波ミキサ(スマート・ミキサ)、50~75/80 GHz M1970V 導波管高調波ミキサ(スマート・ミキサ)、50~75/80 GHz 

    M1970V 導波管高調波ミキサ(スマート・ミキサ)、50~75/80 GHz

    Keysight M1970V 50~75/80 GHz導波管高調波ミキサはプリセレクタなしのミキサで、N9030A PXAシグナル・アナライザの動作周波数レンジを最大80 GHzまで拡大します。

  • M1970W 導波管高調波ミキサ(スマート・ミキサ)、75~110 GHz M1970W 導波管高調波ミキサ(スマート・ミキサ)、75~110 GHz 

    M1970W 導波管高調波ミキサ(スマート・ミキサ)、75~110 GHz

    Keysight M1970W 75~110 GHz導波管高調波ミキサはプリセレクタなしのミキサで、N9030A PXAシグナル・アナライザの動作周波数レンジを最大110 GHzまで拡大します。

  • M1971E 導波管高調波ミキサー(スマートミキサー)、55/60~90 GHz M1971E 導波管高調波ミキサー(スマートミキサー)、55/60~90 GHz 

    M1971E 導波管高調波ミキサー(スマートミキサー)、55/60~90 GHz

    • 2 GHzを超える広帯域ミリ波信号の解析
    • 自動LO振幅調整により、ケーブル損失の補正が可能(最長3 mまたは最大10 dBの損失)
    • 起動時の自動LO調整
    • デフォルトの周波数およびLO高調波の自動設定

  • M1971V 導波管高調波ミキサー(スマートミキサー)、50~75 GHz M1971V 導波管高調波ミキサー(スマートミキサー)、50~75 GHz 

    M1971V 導波管高調波ミキサー(スマートミキサー)、50~75 GHz

    • 2 GHzを超える広帯域ミリ波信号の解析
    • 自動LO振幅調整により、ケーブル損失(最長3 mまたは最大10 dBの損失)の補正が可能
    • ベクトル補正データ: 振幅/位相
    • 起動時の自動LO調整
       

  • M1971W 導波管高調波ミキサー(スマートミキサー)、75~110 GHz M1971W 導波管高調波ミキサー(スマートミキサー)、75~110 GHz 

    M1971W 導波管高調波ミキサー(スマートミキサー)、75~110 GHz

    • 2 GHzを超える広帯域ミリ波信号の解析
    • 自動LO振幅調整により、ケーブル損失(最長3 mまたは最大10 dBの損失)の補正が可能
    • ベクトル補正データ: 振幅/位相
    • 起動時の自動LO調整