検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

PSG信号発生器用分配回路

Keysight U3035P分配回路を使用すれば、複数のKeysight PSG信号発生器を、共通の単一周波数のフェーズ・ロック・コヒーレント・モードで動作させることができます。ポート間で固定の位相差になります。内部または外部ベースバンド・ジェネレータとE8267Dベクトル信号源を組み合わせて使用すれば、各信号源の位相を制御/調整できます。信号源ごとにオプションHCCが必要です。

必須の信号発生器オプション:

  • E8257D PSGアナログ信号発生器:E8257D-HCC
  • E8267D PSGベクトル信号発生器:E8267D-HCC。250 MHz以下で動作させる場合は、E8267D-H1Gも必要です。

製品の比較/一覧 (10)

製品の検索

  • U3035P-022 分配回路、2信号源、250 MHz~PSGの最大周波数 U3035P-022 分配回路、2信号源、250 MHz~PSGの最大周波数 (1) 

    U3035P-022 分配回路、2信号源、250 MHz~PSGの最大周波数

    • 2台のPSGを、共通の周波数でフェーズロックされたコヒーレントモードで動作可能 
    • 分配モードと校正モード 
    • 入力/出力周波数: 250 MHz~67 GHz
       

  • U3035P-024 分配回路、2信号源、250 kHz~PSGの最大周波数 U3035P-024 分配回路、2信号源、250 kHz~PSGの最大周波数 (1) 

    U3035P-024 分配回路、2信号源、250 kHz~PSGの最大周波数

    • 2台のPSGを、共通の周波数でフェーズロックされたコヒーレントモードで動作可能 
    • 分配モードと校正モード 
    • 入力/出力周波数: 250 kHz~67 GHz
    • 内蔵ベースバンド・クロック・ソース
       

  • U3035P-042 分配回路、4信号源、250 MHz~PSGの最大周波数 U3035P-042 分配回路、4信号源、250 MHz~PSGの最大周波数 (1) 

    U3035P-042 分配回路、4信号源、250 MHz~PSGの最大周波数

    • 4台のPSGを、共通の周波数でフェーズロックされたコヒーレントモードで動作可能 
    • 分配モードと校正モード 
    • 250 MHz~67 GHzでの2つの周波数帯域
       

  • U3035P-043 分配回路、4信号源、250 kHz~PSGの最大周波数 U3035P-043 分配回路、4信号源、250 kHz~PSGの最大周波数 (1) 

    U3035P-043 分配回路、4信号源、250 kHz~PSGの最大周波数

    • 4台のPSGを、共通の周波数でフェーズロックされたコヒーレントモードで動作可能 
    • 分配モードと校正モード 
    • 250 MHz~67 GHzでの3つの周波数帯域
       

  • U3035P-044 分配回路、4信号源、250 kHz~PSGの最大周波数 U3035P-044 分配回路、4信号源、250 kHz~PSGの最大周波数 (1) 

    U3035P-044 分配回路、4信号源、250 kHz~PSGの最大周波数

    • 4台のPSGを、共通の周波数でフェーズロックされたコヒーレントモードで動作可能 
    • 分配モードと校正モード 
    • 入力/出力周波数: 250 kHz~67 GHz
    • 内蔵ベースバンド・クロック・ソース
       

  • U3035P-082 分配回路、8信号源、250 MHz~PSGの最大周波数 U3035P-082 分配回路、8信号源、250 MHz~PSGの最大周波数 (1) 

    U3035P-082 分配回路、8信号源、250 MHz~PSGの最大周波数

    • 8台のPSGを、共通の周波数でフェーズロックされたコヒーレントモードで動作可能 
    • 分配モードと校正モード 
    • 入力/出力周波数: 250 MHz~67 GHz
       

  • U3035P-084 分配回路、8信号源、250 kHz~PSGの最大周波数 U3035P-084 分配回路、8信号源、250 kHz~PSGの最大周波数 (1) 

    U3035P-084 分配回路、8信号源、250 kHz~PSGの最大周波数

    U3035Pオプション084分配回路を使用すれば、最大8台のKeysight PSG信号発生器を、共通の単一周波数のフェーズ・ロック・コヒーレント・モードで動作させることができます。この分配回路は、次の3つの周波数バンドで動作します:250 kHz~250 MHz、250 MHz~3.2 GHz、>3.2 GHz。周波数上限値は、PSGの周波数レンジ・オプション選択によって決まります。さらに、400 MHzの発振器が内蔵されています。

  • U3035P-162 分配回路、16台の信号源、250 MHz~PSGの最大周波数 U3035P-162 分配回路、16台の信号源、250 MHz~PSGの最大周波数 (1) 

    U3035P-162 分配回路、16台の信号源、250 MHz~PSGの最大周波数

    U3035Pオプション162分配回路を使用すれば、16台のKeysight PSG信号発生器を、共通の単一周波数(250 kHz~PSGの最大周波数の間)のフェーズ・ロック・コヒーレント・モードで動作させることができます。

  • U3035P-16A 分配回路、16信号源、250 kHz~250 MHz、10 MHz基準 U3035P-16A 分配回路、16信号源、250 kHz~250 MHz、10 MHz基準 (1) 

    U3035P-16A 分配回路、16信号源、250 kHz~250 MHz、10 MHz基準

    U3035Pオプション16A分配回路を使用すれば、16台のKeysight PSG信号発生器を、共通の単一周波数(250 kHz~250 MHzの間)のフェーズ・ロック・コヒーレント・モードで動作させることができます。この分配回路は、10 MHz発振器を内蔵しています。

  • U3035P-16B PSG用分配回路、16信号源、250 kHz~250 MHz、10 MHz基準/400 MHzクロック U3035P-16B PSG用分配回路、16信号源、250 kHz~250 MHz、10 MHz基準/400 MHzクロック (1) 

    U3035P-16B PSG用分配回路、16信号源、250 kHz~250 MHz、10 MHz基準/400 MHzクロック

    U3035Pオプション16A分配回路を使用すれば、16台のKeysight PSG信号発生器を、共通の単一周波数(250 kHz~250 MHz)のフェーズ・ロック・コヒーレント・モードで動作させることができます。この分配回路は、10 MHz発振器を内蔵しています。

関連する業種&テクノロジー