検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

USBシグナル・コンディショニング製品

シグナル・コンディショニングには、増幅、フィルタリング、変換、レンジ整合、アイソレーション、その他のセンサ出力を後段での処理に適合させるために必要なプロセスが含まれています。これは主にデータ収集に用いられ、センサ信号をノーマライズしてフィルタし、A/D変換に適したレベルに調整することによって、コンピュータ・デバイスから読み取れるようにする役割を果たします。

Keysight U2802A 31チャネル熱電対入力モジュールは、熱電対入力シグナル・コンディショナ・デバイスであり、熱電対からの低電圧の入力信号をデータ収集デバイスに適した出力電圧範囲に変換します。U2802A熱電対シグナル・コンディショナは、U2355AおよびU2356Aモデル・データ収集機器で熱電対入力を使用可能にするために用いられます。

U2355AまたはU2356Aの詳細を知るには、U2300A Webページを参照してください。

特長

  • 冷接点補正のための内蔵サーミスタ、ゼロ補正機能、等温構成ターミナル・ブロック
  • オープン熱電対検出
  • NISTにトレーサブルな校正
  • 最大31の熱電対入力
  • 熱電対または電圧入力モードに独立に設定可能
  • J、K、R、S、T、N、E、Bタイプの熱電対をサポート

さらに柔軟性を高めるため、U2802Aは、Keysight VEE、MATLAB® R2007a、NI LabVIEW、Microsoft® Visual Studio®などのさまざまなアプリケーション開発環境で使用できます。

Visual StudioおよびMicrosoftは、Microsoft Corporationの登録商標です。
MATLABは、The MathWorks, Inc.の登録商標です。

  • U2802A 31 チャネル熱電対モジュール U2802A 31 チャネル熱電対モジュール 

    U2802A 31 チャネル熱電対モジュール

    Keysight U2802A 31 チャネル熱電対モジュールは、熱電対からの低入力電圧信号をデータ収集デバイスに適した出力電圧レンジに変換するコンディショナ・デバイスです。