検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

OBSAI 用プロトコル・テスト製品

OBSAI インターコネクト規格を採用し、以下のような目的の場合、ターンオン・デバッグ中や、開発プロセスの検証段階に、新たなテスト上の問題が発生することがあります。

主な問題の 1つは、テスト中、すべてのモジュールが使用可能な状態またはレディ状態にあるとは限らないことです。例えば、ベースバンド・ブロックを使用せずに、RFブロックをテストしたり、逆に、RFブロックを使用せずに、ベースバンド・ブロックをテストする必要があります。

デザインをプロトコルの仕様通りに動作させるには、DUTを詳細に理解し、プロトコルのパターンやエラー条件でトリガできる必要があります。

システム問題の再現、非連続テストの実行には、多くの場合トラフィックの作成が必要ですが、実際のデバイスを使ってこれを再現するのは非常に困難です。

  • OBSAI トランシーバ基地局のテスト開発時間の短縮
  • 入力信号と解析による OBSAI テスト環境の簡素化