検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

テスト・カバレージ・レポートの作成

ボード・デザイナやテスト開発者が異なる企業やサイトから集まってくる場合などは特に、テストでデザインのテスト品質およびカバレージのニーズを満足させるには、どのようにすればよいのでしょうか?

Keysightは、この目的のために、以下のテスト解析ツールをMedalist ICTで提供しています:

  • カバレージ・アナリスト(Keysightが最初に開発したPCOLAおよびSOQ指標付き)
  • デバッグ用ボード・テスト・グレーダ
  • テスト・カバレージ・レポート作成ツール

これらのテスト解析ツールは、重要なカバレージ情報を、テスト・マネージャ、ボード・デザイナ、製造エンジニアに提供します。情報がグラフィカルに表示され、理解や評価が容易になります。

カバレージ・アナリスト・ツールは、使いやすく、検索しやすいものです。このビジュアル・レポート作成ツールでは、色分けによるヒントやその他のビジュアルなヒントを使用して、カバレージ・レベルを明確に表示します。

テスト・マネージャでは、カバレージ・アナリストをサマリ・ツールとして使用して、カバレージ・レベル、テスト手法、結果全体を考慮した詳細を評価します。テスト・エンジニアは、カバレージ・アナリストを使用して、問題を掘り下げたり、テスト・カバレージが適切な箇所と改善が必要な箇所とを対比して調査できます。

KeysightはPCOLA/SOQレポート指標を他に先駆けて開発し、現在のテスト・カバレージおよび改善方法の理解を支援してきました。欠陥はいくつかのグループに分類されます。

最初のグループは、コンポーネント・プロパティ欠陥で構成されています。ボード・テスト関係者が関心を持つコンポーネント・プロパティを、以下に示します。

  1. 存在(デバイスが存在すること)
  2. 正しさ(正しいデバイスであること)
  3. 向き(極性がある場合は、逆であったり、90度回転していないこと)
  4. ライブ(デバイスが基本的に電源に接続されていること。ただし、これは、フル・ファンクション検査ではありません)
  5. アライメント(デバイスが中央にあるか、隙間がないか、少し回転していないか)

この他の欠陥グループでは、接続状況を表示します:

  1. ショート(隣接する接続ポイントへの望ましくない導通)
  2. オープン(ボードとデバイス接続間の導通がない)
  3. 品質(欠陥のない形状、過剰または不十分なはんだ、コールドはんだ間隙など)

テスト・デバッグ中、ボード・グレーダを使用してテストの安定性を解析し、製造中にカバレージ要件を満足させることができます。ボード・グレーダは、ボード・テスト品質を保証し、カバレージ・アナリストに有用な情報を提供します。

テスト・カバレージ・レポート作成ツールは、テスト・カバレージ・レポートの作成機能を提供します。このツールを使用すると、どのパーツが適切なデータを備えているか、追加作業(ライブラリの開発など)が必要なのかを評価することができます。

該当する情報はありません。