検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

組込み航空宇宙/防衛ソリューション

最新の電子防衛システムでは、アナログ信号からアクション可能な情報への変換は、広帯域のデジタル・レシーバ/トランスミッタに依存しています。新しい材料とセンサは、多機能なAESA(アクティブ電子走査アレイ)から、統合されたセンサ構造、マルチモーダル・ダイレクション・フェージング(DF)へと、アプリケーションのさらなる性能の向上と複雑化に拍車をかけています。現在は、高度なデジタル・トランシーバ技術が戦場での優位性を決定付けています。システムの効率は、さまざまな項目に対して測定されますが、基本的には、データ変換プロセスと厳しい動作環境でのシステムの適切な動作を決定するセンサ周辺の信号処理のダイナミック性能で判断されます。

テクノロジー
EWシステムのアーキテクチャには、共通のブロックがあります。RF部、データ・コンバータ、ベースバンド処理がデザインの中心です。それぞれに、ユニークな特長があります。デジタル信号処理の進化速度を予想したムーアの法則にも、多くの関心が注がれていますが、最先端のデータ変換の進化速度は、特にリニア・ダイナミック・レンジと瞬時帯域幅に関しては、あまり知られていません。これは、Keysightの利点であり、発見と発明にかける情熱から導かれた結果です。

この結果が、さまざまな防衛関連アプリケーションに適応できるポータブルなハードウェアとDSPベースの機能となっています。

Keysightの価値
Keysightの組込みデータ変換/信号処理ソリューションは、システム性能を制限する問題を解決します。

  • RF/マイクロ波測定/テスト・ソリューションの開発現場で実証された技術を活用できます。
  • 最先端のテスト/測定アプリケーションに一般的に使用されているデザインのTRLを活用できます。

プログラム・マネージャの方へ
Keysightは、最高のRF/マイクロ波テスト・ソリューション開発の経験に基づいて、さまざまなCOTSの実現技術とさまざまなアプリケーションに対応できるカスタム・デザインを開発してきました。

データ変換および測定分野の最先端企業は、Keysightとの提携により、リスク、テスト/評価コストを低減することができます。

アプリケーション例
AESA内のデジタル・ビーム・フォーミング・レシーバ
電子支援手段、方向探査
合成開口レーダ、移動目標指示装置、特定のエミッタの識別、テクニック・ジェネレータ、RDFMジャマー・カウンタ

サポートされるプラットフォーム

  • VME
  • VXS
  • cPCI
  • カスタム

提携企業

  • VITA
  • PICMG
  • Association of Old Crows
  • AFCEA International
  • National Defense Industry Association

組込み航空宇宙/防衛ソリューションの詳細情報の請求と製品担当者へのご質問は、 ここをクリックしてください。