検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

802.11無線LANテスト

無線LANテクノロジーの概念をコンセプトから引き出して消費者に高い信頼性で提供できます。Keysightは、最新無線LANテクノロジーの802.11acを含め、無線LANテクノロジーの研究開発、認証、製造用の機器、ツール、システムを、業界で最も豊富に提供しています。Keysightのエキスパート・テスト・エンジニアは、テスト製品を常に進化させ、802.11n規格のMIMO(マルチ入力マルチ出力)や新しい802.11ac規格などの新たなテクノロジーへの対応を実現しています。Keysightの無線LAN:詳細な解析、高い信頼性。


 

YouTubeビデオを見る 

  • N9077A WLAN OFDM EVM for 802.11a/g N9077A 無線LAN 802.11a/b/g/n/ac測定アプリケーション 
    N9077A WLAN OFDM EVM for 802.11a/g

    N9077A 無線LAN 802.11a/b/g/n/ac測定アプリケーション

    N9077A WLAN測定アプリケーションは、IEEE 802.11a/b/g/j/p/n/ac規格準拠のWLANトランスミッタのテストが可能で、WLANトランスミッタの研究開発から製造まで、RFコンフォーマンス測定をワンボタンで実行できます。

  • Option B7R 802.11b analysis image 89601B-B7R 無線LAN 802.11a/b/g/p変調解析 
    Option B7R 802.11b analysis image

    89601B-B7R 無線LAN 802.11a/b/g/p変調解析

    89600 VSAソフトウェアのオプションB7Rでは、無線LAN(802.11a、802.11b、802.11g, 802.11p)信号の復調結果が得られます。

  • : View key 802.11ac MIMO parameters 89601B-BHJ 802.11ac無線LAN変調解析 
    : View key 802.11ac MIMO parameters

    89601B-BHJ 802.11ac無線LAN変調解析

    89600 VSAソフトウェアのオプションBHJでは、最大160 MHzの帯域幅と8x8 MIMOをサポートし、802.11ac信号の包括的な復調結果が得られます。

  • No image available N7607B DFSレーダ・プロファイル用Signal Studio 
    No image available

    N7607B DFSレーダ・プロファイル用Signal Studio

    N7607B DFSレーダープロファイル用Signal Studioを使用すると、FCC、ETSI、日本のMIC、韓国の各機関が定義した動的周波数選択(DFS)レーダー信号を作成し、DFSテストで使用できます。

  • No image available V9077B EXM/EXF用無線LAN測定アプリケーション 
    No image available

    V9077B EXM/EXF用無線LAN測定アプリケーション

    V9077B無線LAN測定アプリケーションは、マルチフォーマット機器およびフェムトセルで使用されるIEEE 802.11a/b/g/n/ac信号を解析します。EXM無線テスト・セットまたはフェムトセル用EXFワイヤレス・テスト・セットと組み合わせて使用します。

  • No image available Y9077B EXM用の無線LAN測定および波形アプリケーション 
    No image available

    Y9077B EXM用の無線LAN測定および波形アプリケーション

    Y9077B無線LAN測定および波形アプリケーションは、マルチフォーマット機器で使用されるIEEE 802.11a/b/g/n/ac信号の解析と無制限の波形再生が行なえます。EXMワイヤレス・テスト・セットと組み合わせて使用します。

  • N7617B 802.11無線LAN用Signal Studio N7617B 無線LAN 802.11a/b/g/j/p/n/ac/ah用Signal Studio 
    N7617B 802.11無線LAN用Signal Studio

    N7617B 無線LAN 802.11a/b/g/j/p/n/ac/ah用Signal Studio

    N7617B Signal Studioを使用すれば、IEEE規格に準拠した無線LAN 802.11a/b/g/j/p/n/ac/ah信号の作成が可能:パワーアンプなどのコンポーネントのテスト用の部分的にコード化された信号やレシーバのテスト用のフルコード化された信号の作成が可能です。