検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

無線LAN 802.11a/b/g/j/p/n/ac/ad/af/ah/ax

キーサイトは、無線LAN(無線ローカルエリアネットワーク)テクノロジーのアイデアを構想の段階から消費者の満足が得られるまでサポートします。以前の802.11規格をベースにして向上させた802.11ac、802.11ah、802.11ax、802.11adなどの複雑で進化する無線LAN規格に歩調を合わせて進歩しています。このページのソリューションは、802.11a、802.11af、802.11ah、802.11b、802.11g、802.11p、802.11nをサポートしています。802.11ac/axおよび802.11adテクノロジーのソリューションについては、キーサイトの無線LANページを参照してください。

802.11ahは、1 GHz以下のバンドで動作する無線LANシステムを定義する新しい無線LAN規格です。802.11ahは、2.4 GHz/5 GHzで動作する従来の無線LAN規格と比較すると送信範囲が大幅に向上しています。802.11ahは、大規模センサネットワーク、拡張レンジホットスポット、パワー効率に優れたデバイスなどのさまざまな用途に使用でき、数十億個ものIoT(Internet of Things:モノのインターネット)をターゲットにしています。802.11afは、White-FiおよびSuper Wi-Fiとも呼ばれ、54~790 MHzの間のVHFおよびUHFバンドのTVホワイトスペース帯域で無線LAN動作を可能にします。

802.11adは、57~66 GHzのライセンス不要のバンドと2.16 GHzの単一帯域幅を使用して6.75 GHzのデータレートを実現する新しい物理層の規格です。802.11axは802.11acをベースにしたもので、高密度環境および無線LANの屋外使用での性能を向上させ、リアルタイムIoTアプリケーションをより適切にサポートします。

802.11pは、802.11-2012に対する承認済みの改訂で、WAVE(Wireless Access in Vehicular Environments)として知られている車両通信システムが追加されています。802.11pでは、高度道路交通システム(Intelligent Transportation System : ITS)アプリケーションをサポートするために、802.11に対する機能強化を定義しています。機能強化には5.9 GHz(5.85~5.925 GHz)のライセンスされたITSバンドでの高速車両間および車両と路側インフラ間のデータ交換が含まれています。
 

YouTubeビデオを見る 

  • N7617B 802.11無線LAN用Signal Studio N7617B 無線LAN 802.11a/b/g/j/p/n/ac/ah用Signal Studio 
    N7617B 802.11無線LAN用Signal Studio

    N7617B 無線LAN 802.11a/b/g/j/p/n/ac/ah用Signal Studio

    N7617B Signal Studioを使用すれば、IEEE規格に準拠した無線LAN 802.11a/b/g/j/p/n/ac/ah信号の作成が可能:パワーアンプなどのコンポーネントのテスト用の部分的にコード化された信号やレシーバのテスト用のフルコード化された信号の作成が可能です。

  • N9077A WLAN OFDM EVM for 802.11a/g N9077A 無線LAN 802.11a/b/g/n/ac測定アプリケーション 
    N9077A WLAN OFDM EVM for 802.11a/g

    N9077A 無線LAN 802.11a/b/g/n/ac測定アプリケーション

    N9077A WLAN測定アプリケーションは、IEEE 802.11a/b/g/j/p/n/ac規格準拠のWLANトランスミッタのテストが可能で、WLANトランスミッタの研究開発から製造まで、RFコンフォーマンス測定をワンボタンで実行できます。

  • No image available Y9077B EXM用の無線LAN測定および波形アプリケーション 
    No image available

    Y9077B EXM用の無線LAN測定および波形アプリケーション

    Y9077B無線LAN測定および波形アプリケーションは、マルチフォーマット機器で使用されるIEEE 802.11a/b/g/n/ac信号の解析と無制限の波形再生が行なえます。EXMワイヤレス・テスト・セットと組み合わせて使用します。

  • Option B7R 802.11b analysis image 89601B-B7R 無線LAN 802.11a/b/g/j/p変調解析 
    Option B7R 802.11b analysis image

    89601B-B7R 無線LAN 802.11a/b/g/j/p変調解析

    89600 VSAソフトウェアのオプションB7Rでは、無線LAN(802.11a、802.11b、802.11g, 802.11j, 802.11p)信号の復調結果が得られます。

  • Option B7Z 802.11n MIMO error traces image 89601B-B7Z 802.11n無線LAN変調解析 
    Option B7Z 802.11n MIMO error traces image

    89601B-B7Z 802.11n無線LAN変調解析

    89600 VSAソフトウェアのオプションB7Zは、IEEE 802.11n信号の解析のための高度なトラブルシューティング・ツールと復調結果を提供します。

  • : View key 802.11ac MIMO parameters 89601B-BHJ 802.11ac無線LAN変調解析 
    : View key 802.11ac MIMO parameters

    89601B-BHJ 802.11ac無線LAN変調解析

    89600 VSAソフトウェアのオプションBHJでは、最大160 MHzの帯域幅と8x8 MIMOをサポートし、802.11ac信号の包括的な復調結果が得られます。

  • W1917 WLAN Baseband Verification Library W1917EP 無線LANベースバンド検証ライブラリ 
    W1917 WLAN Baseband Verification Library

    W1917EP 無線LANベースバンド検証ライブラリ

    既存の商用無線規格への対応を可能にする、マルチフォーマット無線機メーカ向けのKeysight SystemVueシミュレーション・リファレンス・ライブラリ(オプション)。

  • W1917 WLAN Baseband Verification Library W1917ET WLAN Baseband Verification Library 
    W1917 WLAN Baseband Verification Library

    W1917ET WLAN Baseband Verification Library

    An optional Keysight SystemVue simulation reference library intended for makers of multiformat radios, to enable support for existing commercial wireless standards.

  • W2363 W2363EP 汎用ワイヤレス・ライブラリ・エレメント 
    W2363

    W2363EP 汎用ワイヤレス・ライブラリ・エレメント

    W2363 汎用ワイヤレス・ライブラリ・エレメントは、携帯電話/DTVアプリケーションの無線規格を集めたものです。

  • W2363 W2363ET Mature Wireless Libraries Element 
    W2363

    W2363ET Mature Wireless Libraries Element

    Provides PHY level systems/models that conform to Wireless Connectivity Standards providing “Golden Reference” models to simulate and verify algorithm and system performance early in the design phase.

  • No image available Xシリーズ信号発生器(MXG、EXG) 
    No image available

    Xシリーズ信号発生器(MXG、EXG)

    MXG/EXG Xシリーズ RF/マイクロ波信号発生器および最大40 GHzの周波数レンジを備えたEWテスト用のUXGアジャイル信号発生器。

  • No image available N5106A PXBシリーズ ユニバーサル受信機テスタ 
    No image available

    N5106A PXBシリーズ ユニバーサル受信機テスタ

    N5106A PXBシリーズ ユニバーサル受信機テスタは、リアルタイム・チャネル・エミュレーション機能とSignal Studioソフトウェアをサポートし、カスタマイズ可能なテスト・ケース/デザイン検証、幅広いテスト・パラメータ、信号伝搬環境のモデリングを提供します。

  • No image available Xシリーズ シグナル・アナライザ 
    No image available

    Xシリーズ シグナル・アナライザ

    Xシリーズ シグナル・アナライザ/MXE EMIレシーバーは、高性能のリアルタイムモデルから低価格のモデルまで豊富な品揃えで、最大50 GHz(外部ミキシングにより325 GHz)の周波数レンジ、510 MHzの帯域幅、豊富な測定アプリケーションを備え、アップグレード可能で、100 %のコード互換性があります。

  • No image available E6640A EXM ワイヤレス・テスト・セット 
    No image available

    E6640A EXM ワイヤレス・テスト・セット

    E6640A EXMワイヤレス・テスト・セットは、製造ニーズに対応し、最新の携帯電話/無線LANチップセットと同期しています。また、立ち上げ時間の短縮、量産の最適化に必要な速度、確度、ポート密度を備えています。

  • No image available M9451A PXIe測定アクセラレータ 
    No image available

    M9451A PXIe測定アクセラレータ

    M9451A PXIe測定アクセラレータとオプションDPDデジタルプリディストーション/エンベロープ・トラッキング・ゲートウェイを組み合わせて用いれば、最先端のFPGA、キーサイトの測定に関する確かな専門知識、PXIeの高速データ処理を活用できます。

  • No image available PXI信号発生器(信号源) 
    No image available

    PXI信号発生器(信号源)

    PXI信号発生器(信号源)は、Keysightの高品質と高性能を備えたPXI形状の測定器で、デザイン、DVT、製造の分野でのRFデザイン/テストの問題に対処できます。

  • No image available PXI信号発生器(信号源) 
    No image available

    PXI信号発生器(信号源)

    PXI信号発生器(信号源)は、Keysightの高品質と高性能を備えたPXI形状の測定器で、デザイン、DVT、製造の分野でのRFデザイン/テストの問題に対処できます。

  • No image available ネットワーク・アナライザ 
    No image available

    ネットワーク・アナライザ

    Keysightのネットワーク・アナライザ・ファミリには、高性能タイプとエコノミータイプのRF/マイクロ波ネットワーク・アナライザ、ベクトル・ネットワーク・アナライザ、ネットワーク・アナライザ・システムがあります。

  • No image available インピーダンス・アナライザ 
    No image available

    インピーダンス・アナライザ

    インピーダンス・アナライザ、ネットワーク/スペクトラム・インピーダンス・アナライザ、マテリアル・アナライザ...

  • No image available RF/マイクロ波 テスト・アクセサリ 
    No image available

    RF/マイクロ波 テスト・アクセサリ

    導波管アクセサリ、スイッチ、増幅器、プローブ、ミキサ、フィルタ、アッテネータ、コネクタ...

  • No image available E7760A 広帯域トランシーバー 
    No image available

    E7760A 広帯域トランシーバー

    E7760Aトランシーバーと内蔵のY7707Aアプリケーションソフトウェアを使用すれば、802.11ad測定を実行できます。M1650Aミリ波トランシーバーの接続により、2つのIF IOポートは2~18 GHzに、6つのRF IOポートは55~68 GHzにそれぞれ対応します。

  • No image available M1650A ミリ波トランシーバー 
    No image available

    M1650A ミリ波トランシーバー

    E7760A広帯域トランシーバーとM1650Aミリ波トランシーバーを2 mのRFケーブルで接続することにより、M1650Aは55~68 GHzのRF信号をデバイスの近くに送って、OTAトランスミッター/レシーバーをテストすることができます。