お問い合わせ窓口

無線ハンドセットの電流ドレインの特性評価

バッテリの動作時間と電流ドレインの特性評価は、ハンドセットのデザイン/開発のすべての側面での最優先事項です。

今日の携帯電話は、ビデオ・ストリーミング、テキスト・メッセージング、音楽ダウンロードなど機能が拡大し続け、ユーザを楽しませる機能が満載されています。携帯電話のデザイナにとっては、こうした機能の搭載によりバッテリの電力需要が増すため、電流ドレインを測定/解析する必要性が高まります。

14565Bデバイス特性評価ソフトウェアと66319B/Dまたは66321B/Dシリーズ移動体通信用DC電源を組み合わせることにより、デザイン・サイクルのあらゆる段階で携帯電話の電流ドレインを表示/解析できる高度なソリューションが実現します。

プログラミング機能を備えた14565Bは、テスト・エグゼクティブと統合できます。このため、RF入力信号の制御 (Keysight E5515C) と電流ドレインの測定(14565Bと66319Dまたは66321D)を同じテスト・プログラムから制御することにより、テストを「自動化」することができます。Keysightのワイヤレス・テスト・マネージャ・ソフトウェアを使用して、テスト・シーケンスにコマンドをドラッグ・アンド・ドロップすることにより、最小限の作業で、自動テストをすばやく作成できます。Keysightのワイヤレス・テスト・マネージャ、Keysight VEE、NI LABVIEWなどのアプリケーションがサポートされています。

絞込み

コンテンツのタイプ

製品カテゴリ

1-2 / 2

並べ替え
イベント・カレンダー 
キーサイトのイベント、セミナ予定一覧

セミナー

 
Automated Stimulus & Current Drain Analysis for Validating/Optimizing Mobile Device Run Time 
customer viewable presentation

トレーニング資料 2008-04-15

PDF PDF 773 KB