検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

太陽電池マイクロインバータのテスト

Solar Micro Inverter Testing

最大のエネルギーの抽出

太陽電池マイクロインバータのデザインと製造では、接続した太陽電池モジュールから最大の電力を引き出して供給できることが重要です。太陽電池モジュールから得られる電力は、照度と温度に大きく依存します。利用できる最大電力のことをMPP(最大パワー・ポイント)といい、動作条件によって変化します。インバータのデザイン、開発、検証においては、さまざまなMPPでのテストが不可欠です。インバータのテストに必要なすべてのMPPやその他の動作ポイントを太陽電池モジュールから得るには、再現性のある広範囲の照度および温度条件で長時間にわたってモジュールを動作させる必要があります。これを太陽電池モジュールのテスト環境で実現するのは、現実的ではありません。Keysight E4360太陽電池アレイ・シミュレータは、安定した広範囲の太陽電池モジュール性能を提供します。

Keysight E4360太陽電池アレイ・シミュレータは、次の用途に使用できます。

  • インバータのピーク・パワー・トラッキング回路およびアルゴリズムの開発と性能検証
  • インバータ効率の測定と検証
  • インバータが低電圧と高電圧の両極端でパワー・グリッド・レベル出力を供給できるかどうかの検証
  • 出荷検査:環境条件への曝露中または曝露後のインバータ性能の確認
  • 加速寿命試験
  • 認証試験