お問い合わせ窓口

設計とテストの統合

優れたアイデアを短期間で有効な製品に展開

RF通信開発では、無謀な仕様や進化するテクノロジーによってペースがダウンするようなことがあってはなりません。KeysightのRFワークフロー環境を使用すれば、通信コンポーネントやシステムを包括的にシミュレート、測定、解析することができるので、立ち止まることなく前に進むことができます。アプリケーション固有のソリューションにより、より信頼性の高いデザイン、製品、スケジュールを実現できます。その基礎となるのは実証済みのソフトウェア製品とハードウェア製品で、数十年にわたるKeysightの高周波システムの経験を活用することができます。Keysightの製品を使用することによって開発時間を短縮し、優れたアイデアを短期間で有効な製品に展開することができます。

測定ソリューション例をご覧ください。デジタル・プリディストーション(DPD)

YouTubeビデオを見る 

1-5 / 5

並べ替え
International Microwave Symposium(IMS)2014 
2014年6月1~16日、フロリダ州タンパベイ

トレードショー

 
DesignCon 2014 
Jan 28-31, 2014; Santa Clara Convention Center Download papers presented, order the AEF DVD

トレードショー

 
Discover Keysight’s New AWG: Highest Speed, Bandwidth & Channel Density 
Original broadcast September 10, 2014

ウェブセミナ(録画)

 
MIPI M-PHY, D-PHY and C-PHY Receiver Testing – Today and Tomorrow 
Original broadcast October 21, 2014

ウェブセミナ(録画)

 
PAM-4 Solutions for Transmit and Receive Design Characterization 
Live broadcast October 23, 2014; 10am PT / 1pm ET

ウェブセミナ