お問い合わせ窓口

シリアルATA (SATA) デザイン/テスト

シリアルATA (SATA) は、ストレージ・デバイスの共通インタフェースです。シリアル伝送方式をベースにしており、エンベディッド・クロックを使用しています。SATAインタフェースは、1.5 Gb/s、3.0 Gb/s、6.0 Gb/sで動作します。SATAの仕様は、SATA-IO (Serial ATA International Organization) によって規定されています。SATA-IO相互運用性プログラムは、SATA製品の互換性を維持するのに役立ちます。

Keysightは、SATA-IOのメンバとして活動し、ワークショップや仕様の問題に一貫して関わっています。ここでは、SATAのデザインの概要、最新の測定手法、デザイン/デバッグ手法について説明します。

YouTubeビデオを見る