検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

USB Type-C™インタフェース

USB(Universal Serial Bus)は、コンピューターと周辺装置との間の標準インタフェースを定義するUSB-IF(USB Implementers Forum)によって開発された業界標準です。USB Type-Cコネクタは、USB-IFが開発した最も新しい規格で、小型で高速のデータ・レート・コネクタというだけでなく。差し込みの向きを気にせずに接続でき、電源供給も可能な新しいパラダイムで、さらにはUSB3.1、Thunderbolt3、DisplayPortの高速データ用の3つの主要なインタフェーステクノロジーに対応します。Type-Cコネクタを採用したデザインにより、消費者は価値と能力を飛躍的に向上させることができます。これらのインタフェースを実装する場合、信頼できるパートナーから物理層のテスト用の完全な機能セットを得ることが必要となります。

以下はType-Cコネクタで動作するシリアル・データ・インタフェースです。

  • USB 2.0(High Speed USBとも呼ばれています)は480 Mbpsデータレートを実現していますが、USB 1.1デバイスとの下位互換性も維持しています。
  • 「USB 3.1 Gen 1およびGen 2(SuperSpeed USB(5 Gbps)およびSuperspeed Plus(10 Gbps)とも呼ばれています)これらのリンクはデュアル・シンプレックス・モード(1つはRXレーン、1つはTXレーン)で動作します。」
  • Thunderbolt 3(TBT3)は、Type-Cコネクタでオルタネートモードで動作し、双方向の2レーンで40 Gbpsを達成します。
  • DPoC(DisplayPort over Type-C):オルタネートモードでUSB Type-Cで動作する適切なディスプレイインタフェースであり、最大ビットレートが32.4 Gbpsの片方向の4レーン、またはUSB3.1 RXおよびTXレーンアクティブと同時の片方向の2レーンの2つのモードがあります。
  • MHL(Mobile High Definition Link):MHLは、オルタネートモードで動作し、HDMI符号化情報を1または2レーンで伝送します。
  • HDMI(High Definition Multimedia Interface):HDMI LAはHDMI動作を、3.4 Gbps以下のデータレート(10.2 Gbps相当の最大ディスプレイ・データ・スループット)についてType-Cコネクタでのオルタネートモードとして定義しています。
  • USB-Power Delivery 2:USBPD2は、低データレートで動作しますが、リンクパートナー間でパワーコントラクトを確立させて、電力の供給側と消費側、電圧および電流の制限値を指定します。

 

キーサイトのUSB Type-C™測定ソリューション

USB Type-Cアプリケーションに対応するキーサイトのデザイン/テストソリューションは、USB-IFおよびVESAなどのコネクタを統合する規格団体に積極的に参加しているキーサイトのエキスパートによって推進/サポートされています。キーサイトでは、こうした規格グループや関連するワークショップへの参加、仕様の開発により、必要とされるときに適切なソリューションを市場投入することが可能です。

キーサイトは、トランスミッター/レシーバーテスト、ケーブルテスト用のUSB、TBT3、DP規格で承認されたソリューションを提供する唯一の企業です。

キーサイトはコンプライアンスを保証するためのコンプライアンステストに焦点を当てたハードウェア/ソフトウェアを提供し、シミュレーションソリューションおよびUSB Type-Cの物理層のフル特性評価(コーナーテスト)も重視しています。

キーサイトRF/デジタル・ラーニング・センター - 業界の専門家による学習リソース

HARDWARE + SOFTWARE + PEOPLE = USB and Type-C Insights

YouTubeでのビデオの視聴 

YouTubeビデオを見る