検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

マルチスタンダード無線機(MSR)のテスト/デザイン

セルラ・ネットワークが3.9Gおよび4Gに移行を続ける中、トランシーバ基地局(BTS)のトランスミッタも新しい形態への移行を余儀なくされています。次世代基地局のトランスミッタやレシーバは、より広い帯域幅をサポートし、単一の無線フォーマットのマルチキャリア(MC)だけでなく、複数のフォーマットを1つのトランスミッタ経路内に含むことになります。マルチスタンダード無線機(MSR)の基地局は、さまざまな無線アクセス・テクノロジー(RAT)に単一ユニットから同時に送信できます。例えば、GSM、W-CDMA、HSPA、LTE MCを、単一のMSR基地局ユニットから同時に送信することができます。1つのセルラ・ネットワーク内の複数のフォーマットをサポートするMSR基地局の機能は、基地局の規模とコストを削減するために非常に重要です。このため、普及している2/3G無線フォーマットから3.9G(LTEなど)や4G(LTE-Advancedなど)テクノロジーへのスムーズでシームレスな移行が期待されています。MSRの開発者は、シングルキャリア・システムのデザイン上のあらゆる問題とともに、単一ユニット上での異なる信号間の不都合な相互作用の可能性に新たに直面しています。Keysightは、技術や規格の進化に即座に対応するために、3GPP Rel.9に準拠したワンボタン内蔵測定アプリケーションなどの優れたMSRテスト/デザイン・ソリューションを、柔軟で将来も使用可能な製品に提供します。

詳細な解析。高い信頼性、次世代無線通信開発の加速。

YouTubeビデオを見る