検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

パッシブ相互変調(PIM)測定

パッシブ相互変調(PIM)は、2つ以上のハイパワー信号が入力されることによって、アンテナ、ケーブル、コネクタ、デュプレクサなどのパッシブ・コンポーネントで発生する相互変調歪みです。伝送経路でPIMが発生すると、無線通信システムの品質が低下します。

RF伝送パワーの増加、共有の共同アンテナによるマルチバンド動作、信号帯域幅の拡大(レシーバ帯域でPIMが発生する確率が上昇)など、無線通信業界における新しいテクノロジーの導入により、近年ではPIMが重要なパラメータとなりつつあります。

より高性能で低価格のテスト・ソリューションを実現していただくために、Keysightでは、ベクトル・ネットワーク・アナライザ(VNA)によるパッシブ・コンポーネントのPIM測定機能とSパラメータ測定機能を兼ね備えたソリューションを提供しています。

ご覧になるためには、ブラウザのJavascriptを有効にしてください。また、Adobe Flash Player が必要です。

Flash ダウンロード 

  • No image available E5072A ENAベクトル・ネットワーク・アナライザ 
    No image available

    E5072A ENAベクトル・ネットワーク・アナライザ

    E5072C ENAベクトル・ネットワーク・アナライザ、30 kHz~8.5 GHz、ダイレクト・レシーバー・アクセス搭載。

  • No image available 低PIM同軸スイッチ 
    No image available

    低PIM同軸スイッチ

    低パッシブ相互変調(PIM)性能は、2つ以上の伝送信号が共通のアンテナを共有するアプリケーションや、トランスミッタ信号が大き過ぎたりレシーバが大きな相互変調に影響されやすい場合のアプリケーションではきわめて重要です。

  • No image available Xシリーズ信号発生器(MXG、EXG) 
    No image available

    Xシリーズ信号発生器(MXG、EXG)

    MXG/EXG Xシリーズ RF/マイクロ波信号発生器および最大40 GHzの周波数レンジを備えたEWテスト用のUXGアジャイル信号発生器。

  • No image available USBパワー・センサ 
    No image available

    USBパワー・センサ

    Keysight USBパワーセンサは、小型で持ち運び可能で、パワーメータのピーク/平均パワーの測定機能を備えています。プラグアンドプレイUSBインタフェースを備えているので、セットアップが非常に簡単です。センサをPCに接続するだけで、 付属のソフトウェアを使ってパワー測定をすぐに開始することができます。キーサイトのUSBパワーセンサは、ユーザーのニーズに対応できるだけでなく、セットアップも簡単で、高度な機能を備えたセンサです。