検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

パワーエレクトロニクス

データを扱う伝統的なエレクトロニクスとは対照的に、パワーエレクトロニクスは電力(発電、変換、発電所から負荷への伝送)を扱います。 このテクノロジーは、発送電、自動車、民生エレクトロニクスを含む、さまざまな業界のアプリケーションに見られます。 したがって、扱う電力はテラワットからミリワットに及びます。 パワーエレクトロニクスの設計者が克服しなければならない問題として、以下のようないくつかの傾向が増えています。
 

  • 発送電 - 電力網の観点からは、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの発電は、従来の発電所のように使用する場所の近くに燃料を持ってくることができないという問題があります。 好ましい風や太陽光の場所は、消費する場所の近くに存在するとは限りらないので、燃料の存在する場所に発電所をもっていく必要があり、送電網が長くなります。 太陽光発電は一般的にDCなので、ACの送電網に接続するにはハイパワーのインバーターが必要です。 
  • 自動車 - 従来の化石燃料の自動車でも、数十個の小型/中型モーター、オルタネーター、従来のバッテリー、電子サブシステムが搭載されていて、その数は年々増えています。 電気自動車やハイブリッド自動車の設計者は、さらに、ハイパワー駆動モーター、電力回生ブレーキ、大容量バッテリーの問題に直面しています。 ドライブトレイン制御の問題は、メカトロニクス(電気機械コンポーネント、パワーエレクトロニクス、マイクロコントローラーチップ(エンジン・コントロール・ユニット(ECU)など)、制御ソフトウェア)の問題になっています。 
  • 民生エレクトロニクス - スマートフォンなどの機器やIoT(Internet of Things:モノのインターネット)を形成する新しいデバイスは、一般的にバッテリー駆動で小型です。 電力変換効率は、バッテリー寿命の向上と過熱保護のために重要です。 電力管理ユニット(PMU)は特殊なICで、これらの量産アプリケーション用にカスタマイズされています。 そのデザインは、効率、形状、短い製品寿命、開発期間による制限を受けます。

キーサイトは複数の製品ファミリー/ソリューションを提供して、パワー・エレクトロニクスのデザイン/テストのニーズに応えます。