お問い合わせ窓口

ファイバ・チャネルのデザイン/テスト

ファイバ・チャネル(FC)は、RAID(Redundant Array of Inexpensive Disks)システム、JBOD(Just a Bunch of Disks)、ワークステーション、サーバなどのストレージ・エリア・ネットワークで用いられている事実上の標準テクノロジーです。既存のデザインでは、8.5 Gb/s、4.25 Gb/s、2.125 Gb/s、1.0625 Gb/sのデータ・レートが採用されています。また、16Gの設計も進められています。データ・トラフィックの著しい増加により、より高速なネットワーク・コンポーネントの必要性がますます高まっています。

仕様およびコンプライアンス・テストは、INCITS(InterNational Committee for Information Technology Standards)のT11技術委員会によって定義されています。ここでは、ファイバ・チャネルのデザインの概要、最新の測定手法、デザイン/デバッグ手法について説明します
 

YouTubeビデオを見る 

1-6 / 6

並べ替え
【 無料 】イベント・カレンダー 
キーサイトのイベント、セミナ予定一覧

セミナー

 
DesignCon 2014 
Jan 28-31, 2014; Santa Clara Convention Center Download papers presented, order the AEF DVD

トレードショー

 
DesignCon 2015 
Jan 27-29, 2014; Santa Clara Convention Center

トレードショー

 
Discover Keysight’s New AWG: Highest Speed, Bandwidth & Channel Density 
Original broadcast September 10, 2014

ウェブセミナ(録画)

 
Next generation BERT Ensures Signal Integrity in High-speed Digital Designs Webcast 
Original broadcast January 21, 2014

ウェブセミナ(録画)

 
Overcoming Test Challenges of 100Gb Ethernet and Beyond Webcast 
Live broadcast January 15, 2015; 10am PT / 1pm ET

ウェブセミナ