検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

ファイバ・チャネルのデザイン/テスト

ファイバーチャネル(FC)は、データセンターのITの専門家が使用している高速ストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)テクノロジーです。FCは、サーバー、スイッチ、ルータと、ディスクアレイなどのストレージデバイスやその他の企業向けの外部ストレージシステムを接続します。1990年代半ばの初期のデザインでは、データは、8B/10Bでエンコードされ、1.0625 Gボーの光リンクを使って100 Mbpsで伝送されていました。その後の実装からは、データ容量は2倍になり、2G/4G/8G/16G/32G FCの伝送容量は、200/400/800/1600/3200 Mbpsになりました。2G、4G、8GのFCのシグナリングレートはそれぞれ、2.125、4.25、8.5 Gボーに倍増しました。しかし、データレートのさらなる高速化が課題とされ、64b/66b(16G FC)などさまざまなエンコードが出現し、フォワードエラー訂正(FEC)も導入されました。 その結果、データレートはその名前と整合しなくなっています(例えば、16 GFCでは14.025 Gボー、32G FCでは28.05 Gボーが用いられています)。さらに、4本の個別のファイバーや低密度波長分割多重通信(CWDM)技術を採用した1本のファイバーなどのパラレルデザインにより、低速の技術を活用して、容量は4倍(128 G FC)になっています。

ファイバーチャネルの技術仕様とテスト手法は、INCITS(InterNational Committee for Information Technology Standards)のT11技術委員会によって定義されています。キーサイト・テクノロジーは、T11のメンバーとして、測定器やソフトウェアアプリケーションを豊富に取り揃え、既存のFCチャネル規格や進化するFCチャネル規格に対応しています。以下に示す製品の多くは、高度な測定機能を備え、詳細な解析が可能なので、研究開発エンジニアは、技術の限界を打破し、新しいデザインを確認/検証できます。このため、同じ製品をさまざまな構成で(または関連製品を)用いることにより、製造分野では、大量のトランシーバー、半導体、インターコネクト製品、プリント基板などのコンポーネントをテストできます。

YouTubeビデオを見る 

絞込み

絞込みのリセット

コンテンツのタイプ

製品カテゴリ

1-8 / 8

並べ替え
DesignCon 2017 
February 1-2, 2017; Santa Clara Convention Center, CA

トレードショー

 
Overcoming 400G Test Challenges using PAM-4 Webcast 
Live broadcast December 13, 2016; 10am PT / 1pm ET

ウェブセミナ

 
Fundamentals of Arbitrary Waveform Generation Webcast 
Original broadcast January 27, 2016

ウェブセミナ(録画)

 
PAM-4 Designs – Advanced Characterization and Debug Solutions Webcast 
Original broadcast May 18, 2016

ウェブセミナ(録画)

 
Digital & Photonics - Webcast Library 
Live and on-demand webcasts

ウェブセミナ

 
DisplayPort 1.3 over Type-C: Taming the Gotchas!  
Original broadcast May 3, 2016

ウェブセミナ(録画)

 
Troubleshooting Coherent Optical Communication Systems Webcast 
Original broadcast April 22, 2015

ウェブセミナ(録画)

 
Next generation BERT Ensures Signal Integrity in High-speed Digital Designs Webcast 
Original broadcast January 21, 2014

ウェブセミナ(録画)