検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

ファイバ・チャネルのデザイン/テスト

ファイバーチャネル(FC)は、データセンターのITの専門家が使用している高速ストレージ・エリア・ネットワーク(SAN)テクノロジーです。FCは、サーバー、スイッチ、ルータと、ディスクアレイなどのストレージデバイスやその他の企業向けの外部ストレージシステムを接続します。1990年代半ばの初期のデザインでは、データは、8B/10Bでエンコードされ、1.0625 Gボーの光リンクを使って100 Mbpsで伝送されていました。その後の実装からは、データ容量は2倍になり、2G/4G/8G/16G/32G FCの伝送容量は、200/400/800/1600/3200 Mbpsになりました。2G、4G、8GのFCのシグナリングレートはそれぞれ、2.125、4.25、8.5 Gボーに倍増しました。しかし、データレートのさらなる高速化が課題とされ、64b/66b(16G FC)などさまざまなエンコードが出現し、フォワードエラー訂正(FEC)も導入されました。 その結果、データレートはその名前と整合しなくなっています(例えば、16 GFCでは14.025 Gボー、32G FCでは28.05 Gボーが用いられています)。さらに、4本の個別のファイバーや低密度波長分割多重通信(CWDM)技術を採用した1本のファイバーなどのパラレルデザインにより、低速の技術を活用して、容量は4倍(128 G FC)になっています。

ファイバーチャネルの技術仕様とテスト手法は、INCITS(InterNational Committee for Information Technology Standards)のT11技術委員会によって定義されています。キーサイト・テクノロジーは、T11のメンバーとして、測定器やソフトウェアアプリケーションを豊富に取り揃え、既存のFCチャネル規格や進化するFCチャネル規格に対応しています。以下に示す製品の多くは、高度な測定機能を備え、詳細な解析が可能なので、研究開発エンジニアは、技術の限界を打破し、新しいデザインを確認/検証できます。このため、同じ製品をさまざまな構成で(または関連製品を)用いることにより、製造分野では、大量のトランシーバー、半導体、インターコネクト製品、プリント基板などのコンポーネントをテストできます。

YouTubeビデオを見る 

絞込み

絞込みのリセット

コンテンツのタイプ

製品カテゴリ

1-7 / 7

並べ替え
Digital & Photonics - Webcast Library 
Live and on-demand webcasts

ウェブセミナ

 
Fundamentals of Arbitrary Waveform Generation Webcast 
Original broadcast January 27, 2016

ウェブセミナ(録画)

 
PAM-4 Designs – Advanced Characterization and Debug Solutions Webcast 
Original broadcast May 18, 2016

ウェブセミナ(録画)

 
DisplayPort 1.3 over Type-C: Taming the Gotchas!  
Original broadcast May 3, 2016

ウェブセミナ(録画)

 
Troubleshooting Coherent Optical Communication Systems Webcast 
Original broadcast April 22, 2015

ウェブセミナ(録画)

 
Introducing Keysight’s New AWG for Optical and High Speed Digital Test Webcast 
Original broadcast October 8, 2015

ウェブセミナ(録画)

 
Next generation BERT Ensures Signal Integrity in High-speed Digital Designs Webcast 
Original broadcast January 21, 2014

ウェブセミナ(録画)