お問い合わせ窓口

ファイバ・チャネルのデザイン/テスト

ファイバ・チャネル(FC)は、RAID(Redundant Array of Inexpensive Disks)システム、JBOD(Just a Bunch of Disks)、ワークステーション、サーバなどのストレージ・エリア・ネットワークで用いられている事実上の標準テクノロジーです。既存のデザインでは、8.5 Gb/s、4.25 Gb/s、2.125 Gb/s、1.0625 Gb/sのデータ・レートが採用されています。また、16Gの設計も進められています。データ・トラフィックの著しい増加により、より高速なネットワーク・コンポーネントの必要性がますます高まっています。

仕様およびコンプライアンス・テストは、INCITS(InterNational Committee for Information Technology Standards)のT11技術委員会によって定義されています。ここでは、ファイバ・チャネルのデザインの概要、最新の測定手法、デザイン/デバッグ手法について説明します
 

YouTubeビデオを見る 

1-8 / 8

並べ替え
【 無料 】イベント・カレンダー 
キーサイトのイベント、セミナ予定一覧

セミナー

 
DesignCon 2014 
Jan 28-31, 2014; Santa Clara Convention Center Download papers presented, order the AEF DVD

トレードショー

 
DesignCon 2015 
Download Keysight's papers from Technical Conference; Jan 27-29, 2014; Santa Clara Convention Center

トレードショー

 
Discover Keysight’s New AWG: Highest Speed, Bandwidth & Channel Density 
Original broadcast September 10, 2014

ウェブセミナ(録画)

 
MIPI Physical Layer Standards and Receiver Test Solutions Webcast 
Original broadcast May 13, 2015

ウェブセミナ(録画)

 
Next generation BERT Ensures Signal Integrity in High-speed Digital Designs Webcast 
Original broadcast January 21, 2014

ウェブセミナ(録画)

 
Overcoming Test Challenges of 100Gb Ethernet and Beyond Webcast 
Live broadcast January 15, 2015; 10am PT / 1pm ET

ウェブセミナ

 
Troubleshooting Coherent Optical Communication Systems Webcast 
Original broadcast April 22, 2015

ウェブセミナ(録画)