検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

400Gのデザインとテストのソリューション

400Gには新しい物理層デザインの課題があります。 データセンターまたはメトロ/長距離伝送の光リンクのいずれで400Gイーサネットを考えている場合でも、400Gテクノロジーは信号品質に関する極めて厳密な要件を満足させる必要があります。 両方の場合で、より高次の変調フォーマットはより高速なシンボルレートを可能にしますが、レシーバー側では低いS/N比への対処が必要になります。


400Gイーサネット・データ・センター・システムでのPAM-4変調への移行は、データ依存ジッタも生じ、クロックリカバリーはより困難になります。 また、連続時間リニアイコライゼーション(CTLE)とデシジョン・フィードバック・イコライゼーション(DFE)などのイコライゼーションは、ロジックのデシジョンしきい値範囲の補正のために不可欠です。


データセンターの外側のメトロ/長距離光リンクでの400Gの実装は、16QAMなどの高次の複雑な変調フォーマットによって達成できます。
この場合、レーザー位相雑音に対する感度の向上、ファイバー分散、狭帯域の光フィルタリングに対する狭い許容範囲に関する課題があります。
 

両方のアプリケーションフィールドで、特に規格が進化する場合に、キーサイトのソリューションを使用すれば、400Gデザインの理解を短時間により深めることができます。 新規および既存のネットワーク全体におけるデザインとテストで、キーサイトのソリューションは革新をサポートします。
このため、エンジニアはデータレートの高速化に向けた次の段階にきわめて効率的に前進することができます。
 

YouTubeビデオを見る