お問い合わせ窓口

製品の構成

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

機能- 最新をご覧ください

  • Keysightのスマート・ミキサで10 Hz~3.6 GHz/8.4 GHz/13.6 GHz/26.5 GHzを110 GHzまで拡張可能。他のメーカのミキサでTHzまで拡張可能
  • 25 MHz(標準)、40/85/125/160 MHzの解析帯域幅
  • 新しい測定器に高速掃引機能が標準で付属(オプションB40/DP2/MPBが必要)
  • リアルタイム・スペクトラム・アナライザ機能、最小3.57 µsの短い持続時間の信号を100 %の確率で捕捉可能

高性能

  • ±0.23 dBの絶対振幅確度
  • -114 dBc/Hzの位相雑音(10 kHzオフセット)、+20 dBmの3次インターセプト(TOI)
  • プリアンプ搭載で-166 dBmの表示平均雑音レベル(DANL)
  • -78 dBのW-CDMA ACLRダイナミック・レンジ(雑音補正オン)

測定アプリケーション/ソフトウェア

  • 移動体通信、無線接続、デジタル・ビデオ、汎用の25種類以上の測定アプリケーションをサポート
  • 75種類以上の信号フォーマットの高度な解析、ソフトウェアはMXA内部で動作。89600 VSAソフトウェア
  • 一般的なデータ解析、ビジュアリゼーション、測定の自動化用のMATLAB® データ解析ソフトウェア
  • KeysightのPowerSuiteワンボタン・パワー測定(標準装備)

自動化/通信インタフェース

  • LXI compliant準拠、SCPIおよびIVI-COM
  • USB 2.0、100Base-T LAN、GPIB
  • PSA、8566/68、856xとのプログラミング・リモート言語の互換性
  • 共通のXシリーズ ユーザ・インタフェース/Windows 7オペレーティング・システム(標準)
    -既存のMXAをWindows XPからWindows 7に移行

概要

N9020A MXAにより、無線デバイスの市場投入までを加速

MXAは、新しい無線機器の開発を加速し、製造および市場投入までの時間を短縮します。汎用性に優れ、さまざまな方式、世代、デバイスに対応できるので、進化するテスト要件にすばやく対応できます。

リアルタイム・スペクトラム・アナライザ機能をアップグレードとして新規/既存のMXAに追加できるので、ますます複雑化する信号環境において、発生頻度の少ない信号を捕捉/解析することができます。MXAはまた、160 MHzの広い解析帯域幅を備えているので、次世代の無線通信/接続信号を正確に解析できます。

N9020A MXAシグナル・アナライザは、Xシリーズ スペクトラム・アナライザの1つです。Xシリーズは、測定システム、測定機能、ソフトウェアを含む、信号解析のための革新的な手法です。複数の製品やプログラムにより、現在および将来のビジネスと技術のニーズを満たす柔軟性を提供します。

関連する業種&テクノロジー