検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

構成例の参考価格(税抜) ¥ 3,926,093

構成例

BT2191A Self-Discharge Measurement System

  • BT2191A-HWR Hardware
  • BT2191A-120 120-volt ac line selection for 34465A and 34470A
  • BT2192A Self Discharge Measurement System Software
  • 5年間の保証(引取)

構成例の参考価格(税抜) ¥ 3,926,093

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

デザインに使用するセルを評価する、セルのデザイナーおよびユーザー向け:

  • 1チャネル自己放電測定システム
  • 10 mAまでの放電電流の場合、0.025 %の電流測定確度
  • 4.5 Vまでのセル電圧の場合、0.0016 %のセル電圧測定確度
  • ±10 μVpkの電源電圧安定度(代表値)
  • 自己放電電流を数分または数時間で正確に測定できるシステム
  • 測定器の制御、結果のグラフ作成、データの記録/保存用のソフトウェア
     

概要

キーサイトの自己放電測定システムは、セルの自己放電電流を測定するために必要な時間を大幅に短縮します。円筒形の18650や21700などのより小型の電池の場合、セルの特性によって異なりますが、30分から2時間の間に安定した自己放電電流をすばやく確認できることが、テストからわかります。より大容量のパウチセル(例えば、10~60 Ah)の場合は、これには通常1~2時間かかります。

セルの品質を確認するのに十分なだけセルのOCVが変化するまで数週間または数か月待つのに比べたら、著しい改善です。さらに、テストサイクルの大幅な短縮と市場投入までの期間の短縮も実現します。

自己放電測定システムは、電流を直接正確に測定するために必要な特性を備えた定電位測定法を用いて、自己放電電流をすばやく測定します。

  • セルの障害の最小化
    • セルに印加される電圧は、実際のセル電圧にすばやく合わせられます(±5 μV)。これにより、新たな充電または放電の発生が最小限に抑えられるため、新たなRCセトリングも最小限に抑えられます。
    • セルに印加される電圧は非常に安定しているため(±10 μVpk)、自己放電電流の測定における連続的な電荷再分配電流の雑音を最小限に抑えることができます。
  • ±(0.025 %+100 nA)までの低レベルの自己放電電流を正確に測定可能

自己放電測定システムは、セル温度も測定できます。このため、セル電圧や自己放電電流の温度による変化を確認できます。セルは電圧に対して複雑な温度係数を持つため、セル温度をモニターすることにより、温度の変化に起因するセル電圧の変化を制御または除去できます。さらに、こうした電圧の変化を制御することにより、自己放電電流の測定における重大な誤差原因を除去することができます。BT2191Aに付属のT型熱電対を使用することも、独自のセンサや配線を使用することもできます。サポートされているセンサとしては、T、J、K、E、N、R型熱電対、5 kΩサーミスター、Pt100/Pt1000

BT2191A Self-Discharge Measurement System

関連する業種&テクノロジー