検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

機能

  • サンプリングレート:最高65 GSa/s
  • 高いチャネル密度: 1モジュール当たり1、2、4チャネル。M8197Aマルチチャネル同期モジュールの使用により、4個のモジュールの最大16チャネルの同期が可能
  • 内蔵の周波数/位相応答校正
  • エンベディッドDSPにより、リアルタイム波形/信号劣化の作成が可能
    (81195A光変調発生ソフトウェアと組み合わせて使用した場合)

性能

  • 25 GHzのアナログ帯域幅
  • AXIeモジュール当たり2 Gサンプルのメモリ(16 Gサンプルまで拡張可能)
  • 1 Vpp(シングルエンド)または2 Vpp(差動)の最大出力振幅
  • 最高32 Gボーを超える信号の作成

以下を含む構成済み製品

  • M8195A AWG
  • AXIeシャーシ
  • 内蔵コントローラまたは外部PCインタフェース

M8195Sもご用意しています。


主なアプリケーション:

M8195A AWGは、デバイスやインタフェースの高速化、複雑化に伴う、デジタルアプリケーション、光/電気通信、高度な研究、広帯域レーダー、衛星通信に必要な信号を作成するための柔軟性を提供します。

  • コヒーレント光 – 単一のM8195Aモジュールによる、> 32 Gボーで2つの独立I/Qベースバンド信号(デュアル偏光=4チャネル)の発生
  • マルチレベル/マルチチャネルデジタル信号– >32 GボーでNRZ、PAM4、PAM8、DMTなどの信号を発生。 さらに、C-PHYTMやD-PHYTMなどのプロトコルもサポートされています。 チャネルのエンベディング/ディエンベディングや、ジッタ、ISI、ノイズ、その他の歪みの追加。
  • 物理学、化学、電子工学の研究– 任意の数学的に定義された任意波形、非常に短く正確なパルス、超広帯域のチャープ信号の発生
  • 広帯域RF/マイクロ波 - – 航空宇宙/防衛/通信アプリケーション向けのDC~25 GHzの瞬時帯域幅を備えた超広帯域RF信号の発生

概要

Keysight M8195A任意波形発生器(AWG)は、最高65 GSa/sのサンプリングレート、25 GHzの帯域幅、8ビットの垂直軸分解能を備え、1スロットのAXIeモジュール1台で最大4つのチャネルに同時に対応します。
M8195A AWGを使用すれば、デバイスやインタフェースの高速化、複雑化に伴う、デジタルアプリケーション、高度な研究、広帯域レーダー、衛星通信、光通信に必要な信号を柔軟に作成できます。

高度な3レベルのシーケンス設定により、より長い信号シナリオにも対応できます。 M8197Aモジュールと複数のM8195Aモジュールの同期には、外部ダイナミック制御を使用できます。

M8197Aマルチチャネル同期モジュールと組み合わせることにより、M8195A AWGのトリガ入力は±20 psの遅延確度を実現します。

M8195A AWGをM8070Aビット・エラー・レート・テスト用システムソフトウェアとM8085Aプラグインソフトウェアで制御して、MIPI C-PHY™/D-PHY™規格に準拠したテスト信号を作成することもできます。

M8195A AWGと81195A光変調発生ソフトウェアを組み合わせることで、信号フォーマット、FIRフィルターなどのDSP機能、パルスシェーピングや光ストレス条件(偏波モード分散(PMD)や位相雑音など)をリアルタイムに変更できるので、従来の方法に加えて最大100倍高速化できます。

以前には不可能だった リアルタイムモード、シーケンス設定機能、大容量メモリが得られ、可能性を広げられます。

その他の情報:

M8195Aにはシステムバンドル版M8195Sもあり、必要なチャネル数に応じて動的に構成できます。
モジュール本体に加えて、AXIeシャーシ、内蔵コントローラまたは外部PCインタフェースが自動的に追加されたシステムが、構成済みの状態で出荷されます。
 


 

関連する業種&テクノロジー