検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

マルチデバイス・テストの最適化 - 最新の機能拡張を表示

  • EXMあたり最大4個のTRXチャネル、各TRXで最大6 GHz帯域幅
  • TRXあたり2個の全2重ポートと2個の半2重ポート、または4個の全2重ポート
  • マルチポートアダプタ(MPA)テクノロジーの採用によりカスタマイズが可能で、最大32台のDUTを接続可能
  • 各TRXから独立したソース/アナライザにより、テストリソースの効率的な使用を実現

マルチフォーマットデバイスのテスト

  • 携帯電話: LTE/LTE-Advanced FDD、LTE/LTE-Advanced TDD、HSPA+、W-CDMA、1xEV-DO、cdma2000®、GSM/EDGE-Evo、TD-SCDMA、DECT、PHS 
  • インタフェース: 802.11a/b/g/n/j/p/ac/af/ah、無線LAN MIMO 2x2/3x3/4x4、Bluetooth®、WiMAX、マルチ衛星GNSS、FM、Zigbee、デジタルビデオ

スループットおよび歩留まりの最大化*

  • 高度なシーケンス設定機能とシングル収集マルチ測定(SAMM)でマルチフォーマットの携帯電話や無線LAN測定を捕捉してテストの実行時間を短縮
  • レシーバーのEVM(160 MHz 802.11ac): ≦-43 dB(代表値)
  • 絶対レベル確度(380 MHz~3.8 GHz): ≦±0.2 dB(代表値)
  • 出力パワーレンジ(380 MHz~6 GHz): +5 dBm~-130 dBm(代表値)

検証済みのターンキー・チップセット・ソリューションにより、数日でなく、数時間で立ち上げて稼働させることが可能

  • チップセット固有の校正/検証ルーチンにより、テスト開発の時間短縮とコスト削減を実現
  • ローカル・アプリケーション・エンジニアの専門知識を活用すれば、EXMをニーズに合わせて最適化することが可能

* データは予告なしに変更される場合があります。
 

概要

ご覧になるためには、ブラウザのJavascriptを有効にしてください。また、Adobe Flash Player が必要です。

Flash ダウンロード 

無線デバイスの製造では、最適なリソースを入手できれば、ますます難しくなっている目標やタイトになってきているスケジュールにも簡単に対応できます。キーサイトの新しいEXMワイヤレス・テスト・セットにお任せください。新しいEXMワイヤレス・テスト・セットは、製造ニーズに対応し、最新の携帯電話/無線LANチップセットと同期しています。さらに、EXMは、立ち上げ時間の短縮や量産の最適化に必要な速度、確度、ポート密度を備えています。

チップセットの普及拡大

  • チップセット用の機器コスト/テストコストの削減
  • 将来にも対応可能: EXMは、160 MHzの帯域幅、最大4x4のtrue MIMO、LTE-A CAなどをサポート
  • 即応性の向上、立ち上げ期間の短縮、キーサイトの製造統合テスト(MTI)チームによるEXM固有の技術サポートとキーサイトのスペシャリストの知識の活用により、チップセットの製造までの時間を短縮

より高速で信頼性の高い、新しい製造ラインの開始/製造ラインのアップグレード

  • チップセット互換性、チップセットを直接制御する検証済みのEXMテスト機能により、高い確度を実現
  • 各ベンダのチップセットの最高の速度と信頼性の高い校正/検証機能を利用可能
  • マルチファンクション/マルチポートの柔軟性により、チップセットやデバイスの予期せぬ動作に対応可能

無線機器の量産に対応する柔軟なシステムの構築

  • EXMにより、製造能力/設備に対するニーズに簡単に対応可能
  • EXMのハードウェアによる速度と高速シーケンス設定により、最高のスループットを実現
  • 優れた信号純度と測定確度により、ファーストパス歩留まりが向上
  • 802.11nおよび802.11ac 2x2/3x3/4x4 true MIMOデバイスのデザインおよび検証
  • 複数のTRX(2x2、3x3、4x4)による、MIMOアンテナを最大160 MHz帯域幅で同時テスト可能

単一プラットフォームでのMIMOデザインの正確な検証と製造での効率的なテスト

  • 802.11nおよび802.11ac 2x2/3x3/4x4 true MIMOデバイスのデザインおよび検証
  • 複数のTRX(2x2、3x3、4x4)による、MIMOアンテナを最大160 MHz帯域幅で同時テスト可能
  • switched MIMOが費用効率の高い製造テストソリューションを提供 

 

関連する業種&テクノロジー