検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

製品ハイライト

  • マイクロストリップ、ストリップライン、フィンライン、コプレーナー導波管のモデルを使用可能
  • 電磁界ベースの独自の特許取得済みモデリング手法であるModel Composerが付属。回路シミュレーションの速度で電磁界シミュレーションの確度と汎用性を実現。 カスタムサブストレート上で、オープン、スタブ、ベンド、クロス、ティーなどの標準インターコネクトコンポーネントを含むモデルを使用可能
  • ユーザー定義のリニアモデルおよび出力演算式を作成でき、デザインの柔軟性が向上
  • 一般的な雑音対温度解析が可能
  • 再シミュレートしなくても、各ノードのDC解を直接スケマティックにバックアノテート可能
  • プログラマブルな掃引オプティマイザを用いた高度な最適化により、最高の回路性能を実現可能
  • モンテカルロ解析により、事前に製造歩留まりを予測可能
  • 高度なデータディスプレイのコマンドにより、さまざまな統計解析プロット/ヒストグラムを作成可能
  • Cコードを書かなくても、ミキサーやアンプなどの非線形デバイスおよびハイレベル回路ブロックの大信号/小信号動作をシミュレーションできるシンボル定義デバイス(SDD)/周波数定義デバイス(FDD)モデルを提供
  • Platform Computing社のLoad Sharing Facility(LSF)により以下をサポート
    - 使用可能な最高速のサーバーを検出して実行
    - 同時シミュレーションの実行
    - 分散処理 - 以前に実行したときの解が必要のない掃引で最高の効率を実現
  • Variable Equations(VAREQN)変数をMeasurement Equations(MEASEQN)コンポーネントや最適化/歩留まり/DOE(実験計画法)コントローラで参照可能
  • Measurement Equationsは、既存データセットのあらゆる内容にアクセス可能なので、目標/仕様で既存のデータを参照するような最適化/歩留まり解析に便利。 データは、以前のシミュレーションの他、別のシミュレータや測定器などの外部ソースから作成可能。 マイクロ波トランジスタライブラリ、RFトランジスタライブラリ、高周波ダイオードライブラリ、アナログ部品ライブラリ、RFパッシブSMTライブラリ、Murata SMTライブラリ、RFシステムライブラリが付属
  • 高度な統計デザイン機能により、性能や製造歩留まりの最適化を支援。 感度解析出力の自動ノーマライズや、最適化完了後の最終解析の実行(オプション)などの機能を装備。
     

概要

リニアシミュレータは、リニア条件で動作するさまざまなRF/マイクロ波回路を解析できる周波数ドメイン回路シミュレータです。

アンプ、パッシブ回路(フィルター、インピーダンス整合回路など)、発振器の小信号ループ利得、非線形デバイスを、DC動作ポイントで評価し、小信号の励振でドライブします。

キーサイトのリニアシミュレータは、豊富なコンポーネントライブラリと収束/モデル作成/最適化に関する高度なテクノロジーを備え、デザインプロセスを加速します。

リニア周波数ドメイン回路シミュレータを使用して、線形条件で動作するRF/マイクロ波回路(アンプ、発振器、カップラー、フィルター、整合回路など)の解析/最適化を実行できます。

このテクノロジーは、無線、RF、マイクロ波、監視、レーダーなどの通信アプリケーションで使用される、あらゆるパッシブ回路および小信号アクティブ回路のデザインに適用できます。

回路のスケマティックを作成すると、リニアシミュレータで未接続のピンやワイヤーのトポロジーを自動的に確認できます。 その後、シミュレータがすべての必要なリニア測定(S/Z/Y/Hパラメータ、回路インピーダンス/アドミタンス、反射係数/VSWR、利得、損失、雑音、ユニラテル利得、雑音指数、入出力雑音温度、群遅延、安定度、安定度測定、雑音利得安定円)を実行します。 さらにシミュレータで掃引パラメータ解析も実行でき、例えばコンポーネント値を変化させながら、それに対する雑音指数を取得できます。

関連する業種&テクノロジー