お問い合わせ窓口

構成例  

構成例

81160A 1 or 2 Channel Pulse Function Arbitrary Generator

  • 81160A-001 1 Channel 330MHz Pulse Function Arbitrary Generator
  • 5年間の保証(引取)

製品の構成

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • 2.5 Gサンプル/sのサンプリング・レート、14ビットの垂直軸分解能により、330 MHzのパルスや500 MHzの関数/任意波形を作成できます。
  • 白色ガウス・ノイズのクレスト・ファクタの選択が可能なので、各種シリアル・バス規格に合わせて、ストレス・テスト時にデバイスに印加する歪み量を決定することができます。
  • グリッチのないタイミング・パラメータの変更により、ドロップアウトやグリッチのない周波数変更が可能で、被試験デバイスをリブート/リセットすることなく、連続動作させることができます。
  • 簡単なパターン設定を使って、任意のビット・パターンによりチャネルの容量性負荷がわかります。デザインの限界までテストするのに、複雑な測定のセットアップはもはや不要です。
  • 330 MHzのパルス、500 MHzの正弦波、660 Mビットのパターン

波形の作成/編集
33503A BenchLink Waveform Builder Proソフトウェアにより、面倒なプログラミングなしで高度な信号作成/編集機能を提供。
 

概要

  • 高精度パルス発生器は、汎用信号発生器の機能を拡張したもので、歪み機能によりデバイスの限界までストレスをかけることができます。
  • 任意ビット形状パターン・ジェネレータは、最高660 Mビット/sの理想パターンと歪みパターンを出力できます。
  • ファンクション任意波形発生器では、さまざまなデバイス要件に適した波形や変調信号を出力できます。
  • ノイズ発生器には、2つの重要な機能があります。ランダム・ノイズと非常に長い繰り返し周期で再現性のあるノイズを出力でき、問題の特定が容易に行えます。

Keysight 81160Aは、さまざまなアプリケーションに使用されます。

  • 例えば、通信/コンピュータ・バス規格の物理層のテスト用のノイズ・ソース
    1. MIPI
    2. PCI Express Gen 3
  • クロック作成
  • システム・トリガ・ソース
  • レーダ・テスト
  • ミックスド・シグナル・テスト
  • シグナル・インテグリティ・テスト
  • ノイズ/ジッタ・エミュレーション
  • イーサネット
  • SATA
  • ナノテクノロジー
  • その他…

関連する業種&テクノロジー