検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

構成例の参考価格(税抜) ¥ 1,587,161

構成例

N7609B Signal Studio for Global Navigation Satellite Systems (GNSS)

  • N7609B-3FP Connect to N5182 MXG, N5172 EXG, fixed perpetual license
  • N7609B-PFP Advanced GPS real-time and scenario generation, fixed perpetual license

構成例の参考価格(税抜) ¥ 1,587,161

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

信号の作成

  • GNSSシミュレータ・ソフトウェアは、GPS/GLONASSコンスタレーション(C/AコードのあるL1)、Beidou(Compass)、SBAS/QZSSの組み合わせで最大40チャネル、Galileo信号(E1)で最大16チャネルのマルチ衛星信号をリアルタイムで作成し、見通し内衛星信号やマルチパス信号をN5172B EXG、N5182B MXG、N5106A PXBを使用して実現できます。
  • 保存されているシナリオ・ファイルを使用した、最大24時間の静止/移動レシーバのシミュレートが可能。連続シナリオ作成モードを使用すれば、より長いシナリオを作成可能。チャネル・パワーや受信できる衛星数のリアルタイム調整が可能
  • カスタム・シナリオ・ファイルの作成と連続シナリオ作成モードの利用が可能
  • 基本オプションは、GPS、GLONASS、Galileo、Beidou(Compass)、静止衛星型衛星航法補強システム(SBAS)、準天頂衛星システム(QZSS)用の単一衛星をシミュレートする波形ファイルを提供します

ハードウェア・プラットフォームの制御と相加性信号障害

  • 使用可能な測定器
  • 周波数、振幅、トリガ、マーカの制御が可能
  • 信号を再生しながら、マルチパス・エラーや擬似レンジ・エラーなどの障害をリアルタイムで付加可能
  • 校正済みAWGNの追加により、C/N比の制御が可能(PXBにはオプションN5106A-JFP、N5172B EXG/N5182BA/B MXG/E8267D PSGにはオプション403が必要)

自動化/通信インタフェース

  • SCPIコマンドによるテストの自動化
  • LAN/GPIB制御
  • N5106A PXB用リモート・デスクトップ・インタフェースを使用したリモート機能

その他の特長

  • A-GPSプリコンフォーマンス・テスト用GS-9000デザイン検証システムに統合可能
  • その他のシナリオ・ファイル
  • リアルタイムでの衛星のスカイ・ビュー、パワー・ビュー、軌道ビューのサポート
  • 生シナリオ・データ、A-GPSパラメータ・ファイル、整合エフェメリス・ファイルの出力

1Beidouは、N5106A PXBで今後利用できるようになります。

概要

GNSSシミュレータソフトウェア(GPSシミュレータ、GLONASSシミュレータ、Galileoシミュレータ、Beidouシミュレータ))

N7609B グローバルナビゲーション衛星システム(GNSS)用Signal Studioを使用すれば、GPS、GLONASS、Galileo、Beidou、SBAS/QZSSシステム用の信頼性と再現性のあるリアルタイムマルチ衛星テスト信号を容易に作成して、レシーバー検証テストを実行できます。 アプリケーションは、コンスタレーションごとに、シナリオや受信できる衛星数に応じて最大15個の可視衛星を提供します。 追加のチャネル(GPS/GLONASS/Beidou/SBAS/QZSSの任意の組み合わせに対して最大40チャネル、Galileo用に最大16チャネル)をマルチパス信号を追加するために利用できます。 個々の衛星のパワーレベルや受信できる衛星数は、信号がアクティブである間はリアルタイムで変更できます。また、マルチパスエラーや擬似レンジエラーなどの障害もリアルタイムで付加できます。 シナリオ作成機能を使用すれば、カスタム・シナリオ・ファイルを作成/編集して静止/移動レシーバーをシミュレートできます(最大24時間)。また、連続シナリオ作成モードを使用すれば、シミュレーション時間を延長できます。 リアルタイムGNSS信号作成機能は、N5172B EXG、N5182B MXG、N5106A PXBで利用できます。

基本波形ファイルの作成(オプションEFP)は、GPS、GLONASS、Galileo、Beidou(Compass)、SBAS、QZSS、GPS+SBAS+QZSS、GPS+Beidou、GPS+Galileoの単一または複数の静止衛星のシミュレーションにも使用できます。 各波形ファイルは、コンポーネントのテスト、衛星の捕捉/トラッキング、レシーバー感度の製造でのテストに使用することができます。 これらの波形ファイルは、N5172B EXG、N5182A/B MXG、N5106A PXB、E4438C ESG、E8267D PSG、E6607 EXT、E6640A EXM、M9381A PXIe VSGで再生できます。 波形5パックおよび50パックのライセンスは、これらの波形ファイルと組み合わせて使用することができます。

関連する業種&テクノロジー