お問い合わせ窓口

製品の構成

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

性能

  • ±0.19 dBの絶対振幅確度
  • -155 dBm(プリアンプ搭載時は、-169 dBm)の表示平均雑音レベル(DANL)
  • -118 dBc/Hzの位相雑音(10 kHzオフセット)
  • 81 dBのW-CDMA ACLRダイナミック・レンジ

解析帯域幅

  • 10 MHzの解析帯域幅(基本モード用のオプションB7J)
  • オプションの40 MHz/80 MHzの解析帯域幅(I/Q信号の捕捉/測定用)
  • -78 dB(公称値)の3次相互変調(40 MHz/80 MHzの解析帯域幅)
  • 最大300 MHzの解析帯域幅(校正済みVSA測定用)

柔軟性

  • 柔軟なプラットフォーム、16種類の使いやすいオプションの測定パーソナリティ/ハードウェア・オプションを内蔵可能
  • PowerSuiteワンボタン・パワー測定(標準装備)
  • 一般的なデータ解析、表示、測定の自動化用のMATLABデータ解析ソフトウェア。PSAシリーズ用MATLABソフトウェア

概要

E4440A PSA高性能スペクトラム・アナライザは、26.5 GHzまでの複雑なRF信号やマイクロ波信号を測定/モニタできます。オプションの外部ミキシングを追加すれば、外部ミキサでは110 GHzまで、他のベンダのミキサでは325 GHzまで、周波数レンジが拡大します。

PSAからPXAへの移行:

PXA N9030Aは、Keysightの次世代の高性能シグナル・アナライザで、PSAの優れた技術と最新のテクノロジーを兼ね備えているので、形状/互換性/機能的にPSA(最高26.5 GHz)の後継機として最適です。新しいPXA N9030Aは、性能の向上、解析帯域幅の拡大、接続性の向上を実現しています。PSAからPXAに移行する理由