キーサイト・テクノロジーは、NYSEに上場しました。 | 詳細はこちら

 

お問い合わせ窓口

コヒーレント伝送テスト用測定器

コヒーレント伝送テスト向けに、キーサイトは複雑な光変調信号の発生/解析用の測定器を提供しています。 複雑な変調信号の作成には、通常マルチチャネル任意波形発生器が使用されます。通常、光変調アナライザを使用して、物理層の複雑な光変調信号を解析して、信号品質を決定したり、IQ変調/復調用のコンポーネントを評価します。キーサイトは、現在および将来のニーズを満たす、40/100Gテスト用の幅広い光変調信号の発生/解析用の測定器を提供しています。

新しい2014光カタログの請求

ご覧になるためには、ブラウザのJavascriptを有効にしてください。また、Adobe Flash Player が必要です。

Flash ダウンロード 

  • N4391A 光変調アナライザ N4391A 光変調アナライザ 

    N4391A 光変調アナライザ

    40/100 G伝送市場向けの高度な変調方式に対応した、光変調アナライザ

  • N4392A 光変調アナライザ N4392A 光変調アナライザ 

    N4392A 光変調アナライザ

    • 超小型、ポータブル、フル装備の光変調アナライザ
    • シンボル・レート:32 Gボー
    • サンプリング・レート:63 Gサンプル/s
    • レシーバ帯域幅:23 GHz
    • 波長範囲:1527.6~1565.5 nm

  • N4391AU スタンドアロン・ソフトウェア N4391AU スタンドアロン・ソフトウェア 

    N4391AU スタンドアロン・ソフトウェア

    N4391A-450スタンドアロン・ソフトウェアは、N4391A光変調アナライザおよびN4392A統合型光変調アナライザで測定した生データを解析するために使用できます。

  • M8195A 65 Gサンプル/s任意波形発生器 M8195A 65 Gサンプル/s任意波形発生器 

    M8195A 65 Gサンプル/s任意波形発生器

    • 速度、帯域幅、チャネル密度を最適に結合した新しい任意波形発生器 
    • 最高32 Gボーの柔軟な信号発生機能
    • クリーンな信号と歪み信号により、デバイスの限界までストレスを印加可能