お問い合わせ窓口

インピーダンス・アナライザ

インピーダンス・アナライザだけが実現する真の特性評価

Keysightインピーダンス・アナライザだけが、mΩ~MΩ、5 Hz~3 GHzのコンポーネント評価で優れた確度を提供することができます。インピーダンス・アナライザをラボに導入することにより、高品質コンポーネントの真の特性が得られます。

  • E4990Aインピーダンス・アナライザは、20 Hz~120 MHzの周波数レンジで、広いインピーダンス・レンジにわたって業界最高の0.045 %(代表値)の基本確度を備え、40 V DCバイアス電源を内蔵しています。
  • E4991Bインピーダンス・アナライザは、1 MHz~3 GHzの周波数レンジで、広いインピーダンス・レンジにわたって0.65 %の基本確度を備え、40 V DCバイアス電源(オプション001)を内蔵しています。材料測定オプションでは、 -55 ℃~150 ℃の温度特性解析機能(オプション007)および誘電率と透磁率の直接測定機能(オプション002)を提供します。
  • E5061B ENAシリーズ ネットワーク・アナライザ(オプション3L5/005搭載)は、5 Hz~3 GHzの広い周波数レンジをサポートし、2 %(代表値)の基本確度を備え、40 V DCバイアス電源を内蔵し、ネットワーク解析、インピーダンス解析、利得/位相解析の機能を提供します。

アプリケーションに最適な周波数レンジの選択

Keysightのインピーダンス・アナライザは、業界最高の性能とともにニーズに適した周波数オプションをお求めやすい価格で提供します。アプリケーションに最適な周波数レンジを、10 MHz~3 GHzから選択することができます。柔軟な周波数アップグレード・オプションを利用することも可能です。現在必要な周波数レンジを最小の投資で選択し、必要に応じて後でアップグレードできます。最良のものを選択して、エンジニアリングとビジネスの両方で目標を達成できます。

製品の比較/一覧 (3)

  • E4990A インピーダンス・アナライザ、20 Hz~10/20/30/50/120 MHz E4990A インピーダンス・アナライザ、20 Hz~10/20/30/50/120 MHz (1) 

    E4990A インピーダンス・アナライザ、20 Hz~10/20/30/50/120 MHz

    E4990Aインピーダンス・アナライザは、20 Hz~120 MHzの周波数レンジ、広いインピーダンス・レンジにわたる業界最高の0.045 %(代表値)の基本確度、および内臓の40 V DCバイアス信号源を装備し、コンポーネント/半導体/材料の測定に最適です。

  • E4991B インピーダンス・アナライザ、1 MHz~500 MHz/1 GHz/3 GHz E4991B インピーダンス・アナライザ、1 MHz~500 MHz/1 GHz/3 GHz (1) 

    E4991B インピーダンス・アナライザ、1 MHz~500 MHz/1 GHz/3 GHz

    • 3つの周波数オプション(1 MHz~500 M/1 G/3 GHz、アップグレード可能)
    • ±0.65 %の基本確度
    • 誘電/磁性材料の測定(オプション002)
    • 温度特性測定(オプション007)
    • 信頼性のあるオンウェーハ測定(オプション010)
       

  • E5061B ENAシリーズ・ネットワーク・アナライザ E5061B ENAシリーズ・ネットワーク・アナライザ (1) 

    E5061B ENAシリーズ・ネットワーク・アナライザ

    5 Hz~3 GHz/100 kHz~1.5 GHz/100 kHz~3GHz E5061Bネットワーク・アナライザは、低周波数から高周波数までの電子部品/回路のさまざまな測定ニーズに対応します。

  • インピーダンス・アナライザのアップグレード インピーダンス・アナライザのアップグレード 

    インピーダンス・アナライザのアップグレード

    インピーダンス・アナライザのアップグレード

Impedance Analyzers [販売終了製品]
This page provides product support information for discontinued and obsolete impedance analyzers.

関連する業種&テクノロジー